柔軟な承認ワークフロー

Movable Typeに承認ワークフロー機能を実装

MTCMSのワークフロー機能は、承認者の承認後公開を実現できます。大規模組織のウェブサイト運用にも柔軟に対応できます。

「柔軟な承認ワークフロー」を動画でチェック!

承認フロー概要図

ウェブサイトの承認ワークフローを柔軟に設定できます

MTCMSはコンテンツ毎に詳細に承認設定することが出来るので、組織にあわせたワークフローを簡単に実現できます。

右図では「ウェブサイト全体」をまずウェブマーケティング部のフローを設定しています。そのうち「お知らせ」は広報部のフローですが、お知らせ以下の「メンテナンス情報」はサポート部のフローが適用されます。

複数部署・グループ企業からMTCMSへコンテンツ投稿を行い承認後の公開。運用フローをシステム化して申請にかかる工数を大幅に削減、安心・安全なサイト運用を実現します。

ワークフローをテンプレート化

ワークフローをテンプレート化

MTCMSではワークフローをテンプレート化することができます。たとえば広報部のワークフロー、プレスリリース用ワークフローなど、様々なワークフローをテンプレート化して、効率よいワークフロー管理が出来ます。さらに承認段階も1段階から複数段階(無制限)の設定が可能です。

ワークフローをMovable Typeのフォルダ・カテゴリ・ブログに設定

ワークフローをコンテンツ毎に設定

作成したワークフローを、ウェブサイト、ブログ、フォルダ、カテゴリなど、コンテンツ単位で詳細に設定することが出来ます。ワークフローが設定されたコンテンツは、承認者の承認後に公開されるようになります。

承認以来・差し戻しをメールで。

承認依頼・差し戻しはメールで通知

ページを作成して「承認依頼」ボタンを押すことで、承認者にメールで依頼を通知します。承認依頼メールにはプレビュー画面へのURLが記載されており、プレビュー画面上で直接承認・差し戻しを行えます。差し戻しもコメントとともにメールで通知できます。

ワークフローの進行状況を確認

サイトマップダッシュボードには自分の承認依頼件数が表示されます。ページ編集画面では、視覚的にワークフローの進行状況を確認でき、ワークフローの承認履歴を確認することができます。

未来のリビジョン作成

公開されているページを安全に編集

すでに公開されたページの内容をコピーして、公開されているページに手を加えることなく新しく編集(未来のリビジョン作成)を始めることが出来ます。コピーされたページを公開すると、自動的にページが差し変わり、古いページは下書きに変更されます。