毎日を「かんたん」にする、MTCMS。

MTCMSは、日本シェアNo.1 CMSの「Movable Type 6」に300以上の機能を追加し、「Amazon Web Services」で利用できるクラウドサービスとして生まれ変わりました。面倒なサーバー機器の購入・インストール・サーバー管理・セキュリティアップデート・監視・メンテナンスはもういりません。サイトマップナビゲーター、みたままページ作成機能、承認ワークフローなどの拡張機能とクラウドサービスで圧倒的なコストパフォーマンスの実現と大規模ウェブサイトの運用が可能になりました。

大規模コーポレートサイトに最適なCMS。

コーポレートサイトに最適なCMS。

MTCMSは、特にコーポレートサイト運用を意識して設計されています。企業のプレスリリースやIR情報などはもちろん、サービス・製品情報やキャンペーンなど、コーポレートサイトで展開したいコンテンツの追加をスムーズに行えます。承認ワークフローや同時編集の抑制、コンプライアンス遵守など、多人数で運用するための機能が豊富に備わっています。そして、ウェブサイトをスタティックHTMLで形成するため、大量のアクセスにも対応しやすく、サーバーの冗長化もスムーズに行えます。さらにCMSとウェブサイトを簡単に分離できるため、セキュリティを高めたCMS運用が可能になります。エディションについて詳しく

AWSでサーバー環境も安心。

ベースが「Amazon Web Services」だから、面倒なサーバー機器の購入・インストール・サーバー管理・セキュリティアップデート・監視・メンテナンスなど煩わしい手順なしにすぐにCMSの運用を始める事ができます。急なトラフィックの増加もサーバの追加・スケールアップで対応できます※1。ウェブサーバー全体のバックアップ機能(スナップショット)で万が一、ウェブサーバーがクラッシュしても迅速に復旧が可能です。
※1 Enterpriseのみの対応になります

クラウドについて詳しく

MTCMSクラウドの特徴

ページの作成機能

考える、書く、公開する、を
スムーズに。

ウェブサイトにページを追加するのはかんたんです。MTCMSにログインして「サイトマップナビゲーター」を右クリックすると、ページの作成画面にすぐに移動できます。さらに「みたまま編集機能」で実際に公開されるページと同じデザインで作成できますので、あなたのアイデアをMTCMSに書きためてください。書きかけのページは、MTCMSをログアウトしてもユーザーダッシュボードからすぐにアクセスできます。ページを公開できるようになったらウェブマスターに承認依頼を出しましょう。ウェブマスターは確認後、承認することでウェブサイトに公開できます。ファイルのアップロードも簡単です。アップロードしたいフォルダに一括アップロード。アップロードした画像・ファイルはドラッグアンドドロップでページ作成画面に挿入できます。 ウェブサイト管理機能について詳しく ページの作成機能について詳しく

ウェブサイトの履歴管理はこんなに簡単。

あ、まちがった!ページをすぐに元に戻したい!MTCMSの履歴管理機能をなら、ページの編集画面から「リビジョン」にアクセスし、元に戻したいバージョンを選択して公開し直せば、すぐに元に戻すことが出来ます。元に戻したい履歴同士を比較して、どのような編集内容だったかを確認することもできます。さらに公開予定のページを書きながら、公開されているページを修正したりできます。もちろん未来の日付のページに紐づけられた画像・アイテムは、ページの公開と同時に公開されます。 ページの履歴管理機能について詳しく

ページの履歴管理機能

アクセシビリティ・コンプライアンス遵守機能

アクセシビリティを維持して、
さらに不正なページを作らせません。

MTCMSでは、公開するページに様々なチェックをかけて、コンプライアンスを遵守させるようにすることができます。機種依存文字やALT属性などのウェブアクセシビリティのチェック、禁止ワードチェック、W3C HTMLチェック、リンク切れチェックを行えます。チェックはページ保存時に実行。もし不正があればページを公開することが出来ません。チェックルールはシステム設定画面で柔軟にカスタマイズすることが出来ます。 アクセシビリティ・コンプライアンス遵守機能について詳しく

安心、安全なウェブサイト公開を。

公開前に見られてはいけないコンテンツはありませんか?ウェブサイトの公開の悩みをMTCMSが解決します。MTCMSならページの指定日公開予約はもちろん、画像・文章ファイルの公開もページの公開と共に同時に行うように設定できます。さらにステージングサーバー機能を利用すれば、ステージングサーバーで確認後、本番サーバーにページ・アイテムを同期させることも出来ます。ステージングサーバー機能で利用できるプロトコルはRsyncとFTP。様々なウェブサーバーに対応出来ます。 ウェブサイト公開機能について詳しく

ウェブサイト公開機能

多言語対応機能

ウェブサイトの国際化、お任せください。

日本語だけのウェブサイトで大丈夫ですか?MTCMSは、日本語以外の言語でのウェブサイト作成をサポートしています。ウェブサイト毎に言語を設定し、それらのウェブサイトを紐づけることで、ページを作成したときに他の言語ページの作成がスムーズに行えるようになります。ページの作成時には元の文章を利用して自動翻訳。翻訳に掛かる手間を大きく減らすことが出来ます。さらに「Translator」機能を活用すれば、言語毎に辞書を持つことで、一つのテンプレートで言語毎に出力する文言を変更することが出来るので、テンプレートの効率的な管理を実現できます。 多言語対応機能について詳しく

携帯電話も、スマートフォンも。

スマートフォン・携帯電話対応のウェブサイトの作成は非常に手間が掛かります。デバイス毎に画像サイズを変更したり、キャリア毎にCSSを作り替えたり。MTCMSには携帯電話対応のベストプラグイン「ケータイキット」が標準でバンドル。スマートフォンか携帯電話かの判断、画像サイズの自動変換や文字コード変換など、機種にあわせてウェブサイトを自動的に最適化します。 スマートフォン・携帯電話対応機能について詳しく

スマートフォン・携帯電話対応機能

データ移行・一括登録機能

ウェブサイトの移行、実はかんたんです。

ウェブサイトのCMS化は、手作業で HTMLファイルを移行したり、画像ファイルを移行したりしてとても大変です。MTCMSの「WebsiteImporter」を利用すれば、驚くほど簡単にHTMLファイル・画像ファイルの移行が出来ます。ページのタイトル・本文をHTMLのどの部分にするかなどをWebsiteImporterの設定ファイルに書き込んでください。XPathで指定することで、さらに詳細に指定できます。もちろんカスタムフィールドにもデータを登録可能です。設定ファイルを書き込んだらそのまま実行してください。すこし待つだけでHTMLと画像ファイルをCMSに登録します。さらにCSVファイルでページ・フォルダ・ユーザーを一括登録することも出来ます。 データ移行・一括登録機能について詳しく

問い合わせフォーム・会員制サイト機能

問い合わせフォームも会員制サイトも
かんたんに。

ウェブサイトでよく利用される問い合わせやアンケートフォームの作成、MTCMSならフォームの部品をドラッグ&ドロップするだけで簡単に作成できます。フォームのデータ管理も管理画面からできます。また、アクセス制限をかけることで特定のウェブサイトを会員限定のコンテンツにすることが出来ます。さらにアクセスしたユーザー毎に権限を設定して表示するコンテンツを特定することも出来ますので、社内ポータルサイト構築にも最適です。 問い合わせフォームについて詳しく 会員制サイト機能について詳しく

圧倒的なカスタマイズ性。

MTCMSは、あなたが思い描いたウェブサイトを実現する最適なプラットフォームです。MTCMSのベースエンジンは、カスタマイズ性に優れた世界標準のCMS「Movable Type」。Movable TypeはMTMLというHTMLと非常に親和性の高い開発言語で開発が出来るため、デザイナーの方でもウェブサイトのデザインカスタマイズ、そして管理画面カスタマイズが可能になります。そして、プラグインを追加することでさらなる機能追加が可能に。プラグインは沢山の開発者が公開していますし、独自に開発することも可能です。そしてMTCMSでは、パンくずリストやページネーションの自動化、動的生成の強化、リファラやブラウザの判定による表示切り替えなど、独自の拡張もたくさん行われています。 カスタマイズ機能について詳しく

ほかにもこんなに機能があります。

コーポレートサイトを構築しやすいテーマ機能や、sitemap.xmlの出力、RSSフィードやTwitterの取り込み、サイトまるごとアップローダー、複数ブログ再構築など、毎日を「かんたん」にする機能が満載です。 MTCMSのその他の機能について詳しく

MTCMSのその他の機能

  • MTCMS StandardMTCMS Standard
  • MTCMS EnterpriseMTCMS Enterprise

各項目にアイコンがついている場合は、そのエディション限定の機能となります。アイコンが無い場合は全エディション共通です。エディションについて詳しく