カスタマイズ機能

強力な開発言語「MTML」

多くのCMSは開発に関する情報が少ないため、カスタマイズに苦労されると思います。MTCMSのベースエンジンは世界標準のCMS「Movable Type」で出来ており、開発Tipsやカスタマイズ用の書籍などが豊富で、学習コストを抑えることが出来ます。さらにMovable TypeのMTタグ(MTML)やCSS、JavaScriptを利用して、自由なデザインカスタマイズが可能です。

そしてMTCMS用に拡張されたMT タグを利用することで、通常のMovable Typeよりさらに高度なカスタマイズができます。

冗長化

大規模ウェブサイト向けの冗長化

MTCMS のページ生成では、ウェブサーバーにスタティックファイルを作成します。このスタティックファイルを、ステージングサーバー同期機能を利用して、複数のウェブサーバーに同期させて負荷分散させることが出来ます。ウェブサーバーの増設にCMSのインストールが不要なため、冗長化はかんたんに行えます。さらにCMSをウェブサーバーから分離することで、セキュリティを大きく高めることが可能です。

※動的生成・アクセス制限・問い合わせフォームを利用する場合はウェブサーバーにMTCMSをインストールする必要があります。

ダイナミックビュワー

動的生成「ダイナミックビュワー」

ベースエンジンとなる「Movable Type」の動的生成機能『ダイナミックパブリッシング』をPerl環境で実行できるように改良しました。これにより開発者は、PHPを利用せずに動的生成のウェブサイトを構築でき、既存のPerlプラグインを活用して効率よく開発を行えるようになります。さらに、リファラやデバイスを判断して、動的に表示を切り替えることが出来るようになりました。

管理画面カスタマイズ

オリジナルな管理画面を作ってみませんか?MTCMSの管理画面のデザインをCSSやjQueryでかんたんにカスタマイズできます。カスタムフィールドのデザインを変更する、ロゴマークを変更する、利用者の利便性をかんたんに向上させることが出来ます。

ウェブサイトテーマ「MTCMSウェブサイト」

MTCMSテーマで、効率よいウェブサイト制作を

MTCMS 用のウェブサイトテーマ「MTCMSウェブサイト」は、コーポレートサイトに最適なデザインテンプレートです。ナビゲーションの自動作成もブログとウェブサイトの連携も、パンくずリストも、なにも考えずにスピーディに開発を行うことができます。さらにSEO対策に有効だと考えられているWEB標準に準拠したXHTML+CSSを実装しています。

ユーザビリティの向上

パンくずリストやサイトマップの自動生成、フォルダによる構造化でわかりやすいサイト構成を実現できるため、ユーザビリティの向上につながり、閲覧者にストレスを与えないサイト作りができます。

ウェブサイトの設定

Metaタグの管理

META KeywordsやMETA Descriptionは、ウェブサイトの設定画面で登録するだけで、そのサイト全体に指定することができます。うっかりした記載漏れの心配がいりません。ページごとのキーワードもページの編集画面でフィールドにそって書いていくだけで適用されます。

sitemap.xml

sitemap.xmlの自動作成

GoogleウェブマスターツールやYahoo Site Explorerに登録するためのXML形式で記述されたファイルをMTCMSで自動的に作成します。ウェブサイト公開後により早く確実にコンテンツを各主要検索サイトに登録することができます。

MTからの拡張

ウェブサイトからブログへのテンプレートインクルード、アクセスランキング、ページの分割、リファラ・ブラウザの判定、相対パス出力、CSVデータの取扱い、カテゴリ毎の再構築指定、ウェブサイト・ブログ毎の文字コード変換、CSV文字列操作、カスタムフィールドの検索など、MTではできなかったあのカスタマイズが可能になります。

jQueryも標準搭載

よくつかわれるjQueryプラグインと汎用的なプラグインを標準で搭載していますので、簡単にリッチなインターフェースを開発することができます。

  • MTCMS StandardMTCMS Standard
  • MTCMS EnterpriseMTCMS Enterprise

各項目にアイコンがついている場合は、そのエディション限定の機能となります。アイコンが無い場合は全エディション共通です。エディションについて詳しく