ページ公開

MTCMS にページを登録したら、いよいよ公開です。ですが、ウェブサイトの運用方法により、適切な公開方法は変わってきます。そのまま直接公開する、ステージングサーバーで一度確認してから公開する、指定日に自動的に公開する。MTCMSなら、その様々なシーンに合わせた公開方法があります。

ページ・アイテムの公開

ページに公開プロセスを。

MTCMS に登録されたコンテンツは、事前にだれかに見られてしまうのを防ぐため、公開指示が出されるまではウェブサーバー上から閲覧することが出来ません。そしてウェブマスターがいくつかの方法で公開指示を出すことで、ウェブサーバーにコンテンツが展開され、閲覧が出来るようになります。

プレビュー機能

プレビューを確認して公開する。

それでは公開前のコンテンツはどのように確認すれば良いのでしょうか?それはMTCMSの強力なプレビュー機能を活用してください。プレビュー機能は、実際に公開されるページと同じ画面で確認してから公開することが出来ます。さらにMTCMS Enterpriseでは、パソコン用ウェブサイトとスマートフォン用ウェブサイトなど、デバイス毎のプレビューを確認することが出来ます。プレビューの切り替えは簡単。右上のドロップダウンメニューから指定することで簡単に切り替えることが出来ます。

指定日公開

指定日に公開できます。

コーポレートサイトで必要な適時開示、その時間に公開作業をまとめてやると大変です。MTCMSでは、指定した日時にページの公開を予約することで、指定した日時で公開することが出来ます。もちろん、指定日にページの公開を取り下げることも可能です。

ステージングサーバーとして利用すると、セキュアな環境が出来ます。

MTCMS をインストールしたサーバーがウェブサーバーと別な場合、ステージングサーバー同期機能を利用しましょう。MTCMSから公開されたページ・画像などは、 MTCMSと同じサーバーに公開されます。ところがこのサーバーは公開サーバーではないので、特定のメンバーしか閲覧することが出来ません。ステージングサーバーで確認したコンテンツに問題がなければ、ウェブマスターは「同期指示」を出すことが出来ます。同期指示には「即時同期」と「指定日同期」の2種類があり、同期指示を行うと、MTCMSがFTPまたはRsyncプロトコルを利用してウェブサーバーにファイルを同期して、ウェブサイトを公開します。同期出来る単位はウェブサイト毎に行えます。もちろん差分だけを転送したり、ステージングサーバーとウェブサーバーのファイルの存在を同期したりできます。この機能を活用することで、MTCMSをセキュアな領域に設置して、ウェブサイト全体のセキュリティを高めることが出来るようになります。

※MTCMS Smart、MTCMS Standardでは、ステージングサーバー同期機能をオプション購入できます。

ウェブサイト公開機能

アイテム・プレビューを安全に。

ベースエンジンのMovable Typeでは、アイテムをアップロードすると公開領域にすぐにアップロードされてしまいます。またプレビューも、プレビューする際に公開領域にHTMLファイルの作成を行ってしまうため、事前に見られてしまうリスクがあります。MTCMS Enterpriseでは、アイテムに公開・非公開ステータスをつけることで、公開指示があるまでアイテムを公開領域にアップロードしません。またプレビューも非公開領域にHTMLを作成することで事前に閲覧されるリスクを回避することができます。

※MTCMS Smart、MTCMS Standardでは、プレビュー・アイテム公開機能をオプション購入できます。

より安全な指定日公開を。

MTCMS Enterpriseでは、ページの作成時に利用した画像や文章ファイルは、ページが公開されるまで公開されることはありません。すなわち指定日公開を行った場合には、予約したページと各ファイルは同時にウェブサーバーに公開されるため、未発表情報などをウェブサーバーに公開されることがありませんので、公開時間までに誰かに見られてしまうリスクを回避できます。また、指定日公開はステージングサーバー同期機能の同期タスクと連動しており、指定日公開と同時にウェブサーバーにコンテンツを同期させる設定が可能です。

  • MTCMS StandardMTCMS Standard
  • MTCMS EnterpriseMTCMS Enterprise

各項目にアイコンがついている場合は、そのエディション限定の機能となります。アイコンが無い場合は全エディション共通です。エディションについて詳しく