履歴管理機能

リビジョンと編集履歴。

MTCMS には、2つの履歴があります。1つが「リビジョン」と呼ばれるページの公開履歴です。未来の日付で公開を予約したり、過去のページの公開履歴を確認する事が出来ます。そしてもう一つが「編集履歴」です。リビジョンの中でどのようにページが編集されてきたかを保存して、いつでもさかのぼって元に戻すことが出来ます。

ページの履歴管理機能

ステータスウィジェット

ステータスウィジェットでページの状態を把握。

MTCMSの編集画面にある「ステータスウィジェット」は、いま自分がページを書いているウェブサイトの言語はなにか、公開されているのか下書きなのか、ページに不正なエラーがないか、リビジョンはないか、そのページの状態を教えてくれます。

※MTCMS Smartでは言語・ページチェックは利用できません。

ステータスウィジェット

公開されているページを安全に編集。

すでに公開されたページの内容をコピーして、公開されているページに手を加えることなく新しく編集(未来のリビジョン作成)を始めることが出来ます。コピーされたページを公開すると、自動的にページが差し変わり、古いページは下書きに変更されます。

ページの編集履歴を確認。

前にどんな修正を行ったか気になることはありませんか?MTCMSでは、ページ、テンプレートの編集履歴を保存し、たとえ間違って編集しても過去の履歴をさかのぼって元に戻すことができます。保存できる編集履歴の世代数はシステムの設定で変更することが出来ます。

だれが何を編集したのかわかります。

MTCMS StandardとEnterpriseでは、ページの編集履歴同士を比較して差分を目視で確認することができるので、いつ、誰が、どのような変更を加えたのかも一目でわかります。

更新履歴

  • MTCMS StandardMTCMS Standard
  • MTCMS EnterpriseMTCMS Enterprise

各項目にアイコンがついている場合は、そのエディション限定の機能となります。アイコンが無い場合は全エディション共通です。エディションについて詳しく