CMSを使っていて、困った時にまずすること:基本編

  • Movable Type技術情報
  • 2012-11-27

QAエンジニアのはせがわです。

スカイアークはMTCMSをベースにした製品をご提供しています。そのため、MT環境の構築を多く経験してきました。
このMTCMSに対するお問い合わせ内容にも関連し、CMSを使って環境を作っていくのに気をつけている基本的なことを、数回に渡って挙げていきたいと思います。

今回は、2つほど。
本当に基本的なことですので、冗談交じりに気軽にお読み頂けたら嬉しいです。

まず、マニュアルを見よう

動かない!
おかしいぞ!

そんな時、とっさに誰かに頼りたくなってしまいますが、まずはマニュアルをご覧ください。

私も割とマニュアルを見ずとりあえず使ってみるタイプなので、誰かに聞きたいと思ってしまいがちです。
使い慣れた方は尚更ですが、マニュアルにはまだお試しになっていない機能が載っているかもしれません。

スカイアークは豊富なMovable Typeの導入実績があり、皆様になるべく早く疑問を解消していただけるようマニュアルは随時見直しをしています。もっと分かりやすくなるよう、ご指摘頂けると大変励みになります。

お使いのCMSのバージョン、いくつですか?

「え?そんなこと?」
とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、このバージョン確認が非常に大切です。

バージョンによって、出来ることと出来ないことが異なります。
CMSの管理画面などの見た目など大きく違うことも。

いざ!この便利そうなプラグインを入れてみようではないかと思っても、CMSのバージョンが対応していなかったり。
対応していると書いていないのに、入れてしまい、CMSが動かなくなってしまったり。
バージョンアップをしようにも、すんなりと更新できないバージョンがあったり。
逆に、バージョンアップをしてしまったが故に、今まで動いていた便利なプラグインが動かなくなったり。

意外と、このバージョンに関わるハプニングが発生するものです。

事前にバージョンを把握していれば、回避できる問題もあります。

恐らく、どんなCMSをお使いの場合にも大切なことですので、心に留めて頂けますと幸いです。

次回は、バージョンアップに関連したことを書いてみようと思います。